未分類

ブンデスリーガに日本人が集まる理由!







近年、海外サッカーの舞台で活躍する日本人が増え、
日本サッカーのレベルが底上げされている。

その中でも、ドイツサッカーのブンデスリーガでは、
多くの日本人が活躍しているが、ブンデスリーガで、
活躍する選手が増えたのは何故だろう。




ブンデスリーガの変化


90年代ごろのドイツサッカーは、
体の大きさを武器にパワフルなサッカーが目立っていた。

だが、ユーロ2000以降からサッカーの改革が始まり、
若手選手の育成に力をいれた結果、変化が現れ始めた。

それは、足元のテクニックに秀でた、
創造性のある選手が多くなったことだ。

さらには、ブンデスリーガでは、外国人枠という概念がなく、
ドイツ人以外の選手11人で構成されたチームでも、
大丈夫というルール改正がされている。

その中で、日本人のテクニックが評価され、
ブンデスリーガにはそれが大変求められているのだ。




戦力としての期待


当初は日本人選手を戦力としてではなく、
マーケティングとして獲得しようとしていた。

これは、安くてそこそこテクニックがあり、
いわゆる、客寄せパンダ目線で見られていたということだ。

だが現在では、チームに活力や勝利をもたらしてくれる、
選手を獲得しようと、純粋な戦力になる選手を探している。

これにも、ブンデスリーガの方向性が変わったことで起きた、
日本人選手にとったら嬉しい副産物だろう。

ドイツで日本人選手の活躍は始まったばかりの為、
今後はさらに多くの日本人選手が活躍する可能性がある。

若手の日本人選手がブンデスリーガで活躍できる日も、
そう遠くはないのかもしれない。



コメントを残す